蚊について

Q.

蚊がふ化する時期はいつ頃なのでしょうか。そして、メスはいつ頃(どのくらい成長して)から血を吸い始めるのでしょうか。オスは何を食べて生きているのでしょうか。

A.

蚊はメスが吸血を行った後、3~4日後に産卵を行います。産卵場所は沼、水たまり、樹洞、容器の中などの水面や水際のごみなどです。そして、約1週間ほどでボウフラとなります。ボウフラは水中の腐った落ち葉や生き物の死骸、バクテリアなどを食べて条件が良ければ1週間から10日ほど、条件が悪ければ2~3ヵ月で4回の脱皮を行い、蛹(さなぎ)となって2日ほどで成虫となって飛び立ちます。それから1~2日後に交尾を行い、羽化から2~3日後に吸血を行い、吸血から3~4日後に産卵を行います。また、1回産卵した後でも、また1週間もすれば吸血、産卵を行います。1回に産む卵の数はだいたい50~100ほどです。よってふ化する時期は一定ではなく、冬の寒い時期を除いては1年のかなりの期間、次々と生まれてきます。ご指摘の通り、蚊はメスしか吸血しません。オスは通常、樹液や花のミツを吸っています。 (コンテンツプロデューサー:赤池学 ユニバーサルデザイン総合研究所: 高橋義則)

開館日カレンダー
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
学校が休みの日の利用 平日の利用
休館日
クリックでプログラムが表示されます
スタッフブログ 協会情報