蚊はどのようにして吸血してるのか?

Q.

蚊は吸血の際どのようにして血を吸い上げているのでしょうか? あの細い口針から粘性のある血を吸い上げるにはそうとうの吸引力がいるのではないかと 考えています。

A.

私たちの血を吸う蚊の口はいくつかの部分からできています。血を吸うポンプの役割 をする管、ナイフの代わりをする1対の大顎と1対の小顎、血を固まりにくくする液を出 す上咽頭の6つです。この唾液には麻酔成分も含まれ、これが体内に入ると一種のアレル ギーを起こしてかゆみの原因になります。これら6本が口針と呼ばれる針を構成しています。また、下唇も伸びており、口針のサヤ の役目をしています。蚊の針は穴をあけるのでなく、細いすき間をあけるだけなので、傷口はすぐにふさがりほとんど跡を残しません。ご指摘のように、昆虫のもつメカニズムはさまざまなマイクロマシンの良い手本になっています。 (蚊の研究室:池庄司敏明 コンテンツプロデューサー:赤池学)

開館日カレンダー
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校が休みの日の利用 平日の利用
休館日
クリックでプログラムが表示されます
スタッフブログ 協会情報